• ウサギとカメはどちらが早い   遅れたカメの成長期

パチンコで勝てる新台は?P付き台の連チャン性能と爆発力はどのくらいなのか?

 

どうもこんにちは勝太です。

 

最近ようやく梅雨明けしまして、

 

暑くなってきました。

 

夏到来ですね。

 

子供達が夏休みに入り、

 

家の周りで騒がしく、

 

賑やかに騒いでおりますね。

 

パチンコを打っている時間もあまりなく、

 

時間を見つけては少しずつ記事を書いております。

 

 

P付きパチンコ台とは?

 

今日取り上げていきたい機種は、、、

 

新内規の機種P寄生獣と言う機種ですね。

 

今年登場した機種でPが付きますので新内規の機種ですね。

 

Pと言うのはパチンコの略称で2018年の、

 

規則改正の新規則にともない、

設定付きパチンコ台につけられることになった、頭文字ですね。

 

従来のCRと言うものから大まかに

 

Pはパチンコ

 

Rはアレンジボール

 

Jはじゃん球

 

に変更されたようです。

 

ちなみにこちらのP寄生獣は設定付きではありませんが、、。

 

規則として公にはですが、

 

パチンコ台も釘がイジれなくなると言う事で、

 

ホールの出玉調整のツールとしまして、

 

パチンコに設定を付けるのがが再び認められたようですね。

 

設定と聞いて思い浮かぶのはやはりスロットではないでしょうか。

 

パチスロの設定は現在6段階から設定できるようになってまして、

 

それから合成確率を算出して、

 

どれだけメダルを出しやすくする事を決めているようです。

 

今更感がありますが。

 

ちなみにパチスロは設定6が1番確率分母が、

 

小さく当たりやすくなっておりますが、

 

新内規パチンコでも同じです。

 

大昔にもパチンコで設定付きのパチンコ台が、

 

稼働していたのは勝太の記憶には勿論残っておりますが。

 

昔の設定は3段階で設定1が逆に1番確率分母が低く当たりやすい仕様になっていました。

 

P寄生獣

 

さて機種紹介にもどりますが。

 

このP寄生獣と言う新内規の機種ですが。

 

サンセイさんのパチンコ台ですね。

 

スペックとしては199分の1のライトミドルスペックです。

 

一応、一種二種混合機なんですね、

 

サンセイさんと言えば、

 

看板機種は牙狼シリーズですよね。

 

新しく牙狼冴島鋼牙が新台としてデビューしましたよね。

 

こちらの台は客付きよく、

 

まだ初打ちもできて無いのが現状です。

 

またお届けしようと思いますので、

 

またお楽しみにしてください。

 

さて、今回の台は牙狼ではなく。

 

なんでこんなマイナーな機種を取り上げてみたかと言いますと。

 

やはりP付き機種という事で、

 

最近少し触ってみました的な感じなのですが。

 

意外と当たります。

人気が出そうに無く、

 

ひっそりと姿を消してしまいそうな、

 

機種ですが。

 

勝太は意外とマイナー機種が大好きなんですよね。

 

一種二種混合機ですので、

 

前に登場していた。

 

三共さんの戦姫絶唱シンフォギアに似ているんですよね。

 

ただあちらは16Rがありますが、

 

P寄生獣はありません。

 

最高10Rなんですよ。

 

出玉の少ない感じは仕方ない事ですが。

 

咲々チャンスと増々チャンスを合わせると最大11回転の7.4分の1の抽選で80パーセントの継続力ですから。

 

以外と連チャンすれば万発行ったりもします。

 

原作は昔の漫画ですのでタイアップとしては面白いのですが。

 

大当たり中の画面のやる気のなさ。

 

原作ストーリーが画面で紹介されてはいますが、原作を知らない方は何の事だかって感じになってしまうのでは汗。

 

やはりあまり力を入れて作りこんでる感じがしないので、

 

やはりマイナー機種と言った感じがします汗

 

また最近の登場させた台の傾向としても、

 

あまり導入が少ない台ですので、

 

一つのシマに3台〜5台とか、

 

ひどいホールですと、

 

すでにバライティコーナーに設置されてしまいがちかもしれませんね。

 

有名な看板機種に比べてしまうと、

 

とてもパチンコユーザーの求めてる機種とはかけ離れてしまった感がいざめません。

 

まあパチンコユーザーが求める機種はやはり、

 

勝てる機種ってのが、

 

いの一番なのですが。

 

最近の台はとにかく出玉を減らしても良いから、当たりやすくなってる仕様。

 

とにかく連チャンをさせる為に継続率をアップさせて、満足感を満たせて行こうと考えた台など。

 

メーカーの企業努力は凄くわかりますが、

 

やはり2転3転する、規制、規制で、

 

 

振り回されている感がありますよね。

 

P設定付きパチンコの登場にしても、

 

4半世紀前に設定パチンコがあったときは、

 

ほとんど最低設定で出玉調整はほとんど釘調整で行なっていたようですし。

 

これからどんどんと登場してくる、

 

設定付きパチンコを果たして、

 

ホールが上手く使いこなせる事が出来るのでしょうか?

 

 

そしてパチンコユーザーが果たして、

 

設定付きパチンコを受け入れて、

 

上手に立ち回って行く事が出来るのでしょうか?

 

設定付きパチンコは演出によって設定示唆が、

ある程度看破出来るらしいのですが。

 

パチスロの様に、ある程度の知識が必要になってくるかも、と言うか知識は必要ですね。

 

いずれにせよ、無思考、無策ではますます負けを増やすだけの昨今のパチンコ。

 

ますます、勝つ人、負ける人の格差が広がっていく感じがしております。

 

P付き機種でも勝てるのか?

 

では勝てる方法、知識は無いのでしょうか?

 

いえ、あります。

 

管理人勝太はこんな時代のパチンコにも、

 

勝てる手段としてパチンコ、オンライン、スクール(POS)をお勧めいたします。

 

新内規でも問題なく勝っている稼働報告グループと言うLINE掲示板がございます。

 

こちらの掲示板は連日の様に勝利報告が投稿されております掲示板です。

 

気になるのでしたら、勝っている証拠をご覧に頂けると思いますので。友達追加からお問い合わせ下さい。

 

お付き合いありがとうございます。

ブログランキングにも参加してます。

よろしければ。


パチンコ・パチスロランキング 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です